クリスマスニュース

窓ガラスに映る“巨大クリスマスツリー”が銀座に4日間限定登場 「銀座 三愛ドリームセンタープロジェクションシステム」 12月22日(金)より投影開始

news_ginza-xmas_20171222

歴史ある東京・銀座に新たなクリスマス風物詩が登場!<期間限定の特別クリスマスバージョン>投影期間:12月22日(金)~12月25日(月)19:00~23:30 放映時間4分程度 30分毎に投影 

 株式会社リコー(本社:東京都 中央区 / 社長執行役員:山下良則)は、2017年12月22日(金)より銀座4丁目交差点にある三愛ドリームセンターにて、リコー製超短焦点プロジェクター80台を活用したプロジェクションマッピングを実施します。第一弾として、クリスマスシーズンである12月25日(月)までの4日間の限定公開で巨大なクリスマスツリーが出現する特別クリスマスバージョンを公開をいたします。

 様々な文化を発信してきた東京・銀座に訪れる人々により楽しんでもらいたいという思いから、本取り組みを開始しました。三愛ドリームセンターは、リコーの創業者である市村清によりリコー三愛グループのシンボルとして、1963年1月にオープンして以来、銀座のランドマークになっています。この度のプロジェクションマッピングは、全面ガラス張りという斬新なシリンダー型の三愛ドリームセンターの窓ガラスを利用して実施いたします。目玉である巨大クリスマスツリーは、立体的に映し出され、銀座に白い雪が舞い降りてくる幻想的な世界になります。
 また、世界的に活躍するデジタル映像アーティスト集団であるWOWが制作し、独特な形状の本ビルのデザイン性を最大限に活かした映像演出を行っています。
 今後も銀座に訪れる人々に楽しんでもらうため、また、お客様や社会の多様なニーズにお応えするために、リコーは、自社の製品、技術、そして三愛ドリームセンターを活用したプロジェクションマッピングを様々な形で発信し続けていきます。

< 見どころ>
 本映像の冒頭シーンでは、円柱で且つ壁面が窓という、独特な三愛ドリームセンターの建築構造を活かし、建物内部の様子を想像させるようなアニメーションを試みました。また、伝統と調和した銀座という美しい街並みに相応しい、建物全体を装飾で包み込むような演出を施しております。
 夜の銀座の街には、1日を終えた人々の様々な感情が混在します。ショッピングに心を躍らせる人、仕事帰りで疲れている人、海外から観光で来ている人。銀座に訪れた人々にとって、一瞬でもほっとした気持ちにさせてくれるような存在になることを願い、天空から舞い降りる光のリボンのような美しいクリスマスツリーをデザインしました。

< リコー大規模マルチスクリーンプロジェクションシステムについて>
 このプロジェクションマッピングには、11.7cmの超至近距離から48型の投影が可能な、リコー製の超短焦点プロジェクター80台を使用しています。超近距離からの投影が可能なリコープロジェクターだからこそ、従来では設置が難しかったスペースにも設置が可能となり、ビルの内側からガラス面に投影する巨大なプロジェクションマッピングが実現しました。80台のプロジェクターの同期や円筒形ビルの形状に沿った曲面への投影、複数台のプロジェクターからの出力画像の連結を行う技術、遠隔監視など、リコーの技術が活用されています。

提供 PR TIMES

You Might Also Like